新作マスクお披露目

ユザワヤ津田沼店に行ってマスクの材料(ゴムだけ)買いに行って来たけど、マスクコーナーは黒山の人だかりでお目当てのゴムだけ買って退散しました😷

これならネットで買った方がまだマシだった😢

YouTubeも撮って編集してすぐに家に帰りました(もちろん満員電車に巻き込まれないようにするため)

でもマスク作りが楽しくなってきたので、これから新作が出せそうです🤣



f:id:yukinko55jp:20200331165935j:image



 

久しぶりのYouTubeはマスク😷姿で手作りマスクにチャレンジ

YouTubeを久しぶりにアップ‼️

撮影時に付けてたマスクはいわゆる「使い捨て」なのですが、使い捨てだときりがないですよね💀

そこで手作りマスク😷にチャレンジしてみました✨


f:id:yukinko55jp:20200327232905j:image

手縫いにしては良いです。

ただ二重ガーゼではなく、ハギレの薄い生地です。(Yシャツやハンカチに使う生地)

なので中にキッチンペーパー等でフィルターを使う度にカバーする必要があります。

またハギレ買ってきて作ろうかな✨


 


 


 

 

これこそ国難ですよ😱

今東京では「オーバーシュート」寸前でコロナウイルスの感染者も最多記録更新していますね。

このまま続くと1000人位死者が出るのではと思いそろそろYouTube復活しようかと思っていたのですが、ちょっと躊躇っているところです😑

話変わりますが、コロナウイルスによる経済政策がメチャクチャですね。

元々の社会保障がメチャクチャのところに新型コロナウイルスというパンデミックでお金を使わなくなっているのに気付かないのか?と某大臣の発言が引っ掛かります😨

他の国では一律で現金支給やしっかりとした経済対策なのに対し、日本は感染したら見殺しな気がします😱

マスクや消毒液は買えないし、収益悪化で失業するし殺されると思うでしょうね😱

企業に対しても同じで、あの「K-1」も経営行き詰まるからとイベント決行して物議になっていますよね。(主催者には同情できませんが😑)

政策が企業にも行き届いていれば、別のやり方での開催を検討していたと思います。



 

 

コロナウイルスで殺られている就職氷河期世代は買ってみてね☺️

私のコメントもあるから😎

 


 


 

週刊女性に載った😎

以前に取材受けたということを書きましたが、本日発売の週刊女性に載っています。

私の他にも影響受けた人がいて、その方は差別もあったようでテレワーク禁止やマスク😷禁止など明らかに非正規差別が露骨になったとしかいいようが無いですね。

更にコロナウイルスを理由にかんたんに解雇するというところも出てきています。

そして危機感のない人達がこの週末に人混みに紛れて、ウイルスをばらまいてきたり持ち帰ったりして爆発的な感染(オーバーシュート)させるつもりでしょう😱

そうして職場でウイルスをバラまくから困っているのに守るつもり無いでしょう。

私もそういうときに備えて洗えるマスクを用意しました。

それと首から下げる空間除菌も。

先日取材受けた時の記事がここに載っています👍🏻

よかったら読んでみて😄

 


 


 

 

これから就職活動を始めようとしている人へ

学生の間で「内定切り」というのが再び流行しています。

リーマンショックの時も流行していたし、不況が本格的になってきた頃に流行ります。

就職氷河期世代でも内定切りが流行していて、一番印象的だったのは山一証券の自主廃業で内定が取り消されたという人もたくさんいました。

その後に起こるのが正社員の求人がなくて派遣やアルバイトの求人しかない状況で、正社員になれるのは余程困っている会社か社長が気に入っている人だけを採用するということくらいです。

なので、今の就職氷河期世代が未だに派遣やアルバイトだという人が多いのもこういうことが原因だったりもするのです。

仮に正社員になれたとしてもパワハラ長時間労働などで職場環境が悪くて辞めざる得ない人も沢山います。

企業にしてみれば会社にいて欲しくない人を炙り出してリストラをして、優秀な人を採用するチャンスという捉え方もできます。

今のテレワークが典型的ですぐに仕事ができるかというのも炙り出すことができるようになっているので、仕事ができない人にとってのテレワークができない人はリストラ対象になるわけです。

逆にテレワークができるような人はたとえ学生であろうとも採用したい企業も出てくるので、視点を変えて就職活動をするのもいいと思います。

また、学生のうちに自ら稼ぐということをやってもいいと思います。

実際にも学生で起業をする人も多く、就職氷河期世代の中でも学生のうちに起業したという人もいました。(インターネットが普及し始めた頃ですが)

もちろん起業には失敗も付き物ですが、失敗を糧に学ぶということもできますし個人事業主として仕事をするという方法で身の丈にあったやり方という方法でもいいのです。

私も派遣で仕事していた時から「自分で稼ぐ」ということを考え始めていて、30代後半からクラウドソーシングを始めたことをきっかけに自ら稼ぐということをやっているのです。

20代で正社員になれなかったから人生が終わったと嘆くよりも、稼げる方法を自分で見つけて実践するほうが建設的だし、私を含めた親世代の考え方をそのまま受け入れるのはもったいないです。(親世代の中には時代の変化に対応できず、頭の中を更新することすら困難な人もいるので)

そういった意味では就職氷河期世代の経験が役に立つときが来たのかなと思うのです。(本当に正社員の求人が無くてアルバイトや派遣の求人ばかりでした)


 

 

日経平均が下がり続けてアメリカでは取引が停止する場面も

株価の暴落がすごいことになっています。

新型コロナウイルスで物の流通や人の往来が減ることで金融危機にまで発展するから恐ろしいものです。

金も下げてはいますが、金自体が価値を生んでいるわけですから下がっていても「安く買える」というポジティブな考えだったりします。

ただ、コロナショックは株価の暴落でリーマンショック以上の影響が出る可能性もありますし、既に倒産や内定切りや派遣切りも起きています。

これをいい機会にクラウドソーシングやアフェリエイトなど自分で在宅ワークをするということをやってもいいのではないかなと思いました。

子供でも学校に行くだけが勉強じゃないということも教えるチャンスでもありますし、大人も会社に行くのが仕事という考え方を変える必要があります。

自宅だって工夫次第ではオフィス以上の快適さを作ることだってできるし、普段からどこでも仕事をするという環境に慣れれば自宅から出られないときでも仕事をするということもできるというわけです。

ただし、カメラマンや演奏者という人はYou Tubeで生計を立てることでもしない限り無収入になってしまう可能性もあるので手軽に始められる収入源を作っておいた方がいいですね。

私もアルバイトは今月1日だけだし、You Tubeコロナウイルスのおかげで撮影どころではない状況が続いているので殆どクラウドソーシングやアフェリエイトにせざる得ません😱


こののど飴すごい美味しいのでおすすめします👍

 

あれから9年経ったけど結局元に戻った。

当時はデパートのイベントの仕事をしていて、これから休憩というその時に大きな揺れを感じたのです。

慌てて看板を畳み安全な場所に移動させた事も覚えています。

電車も停まっていて当時の派遣先社員から「このまま泊まっていけば?電車も動いていないし、明日も勤務でしょ?」ということで泊まることにしたのですが、派遣会社から「なんで派遣先に泊まるの‼️迷惑でしょ‼️」「そうしたら明日欠勤しますよ‼️」

「欠勤認めません‼️出勤してください‼️」

この時派遣会社に不信感抱いたのはいうまでもなく、この派遣会社とは距離を置く事にしたのです。

あれから9年経ったけど、派遣会社は学習していないと思います。

私はアルバイトの傍らノマドワーカーとして自ら稼ぐようにしたのですが、今でも派遣で働く人の話を聞くと「在宅勤務出来ない‼️」「パンデミックにもかかわらずマスク着用はダメ」とか「コロナウイルスでも出勤しろ‼️」とか「クビ‼️」等あの頃よりも残酷な形で扱われています。

だからこそ、ひとつの企業で働くよりも複数の収入源の確保を作る必要もあるし学生のうちから自ら稼ぐ事を考える必要があります。